北欧の教育

北欧の教育を紹介した より。




個人を大切にする教育


「 個人を大切にする教育 」とは、もちろん
自己中心的な教育を意味しているわけではなく、
自分で考える能力を養う
「 自己形成の教育 」という意味である。


自分で考え、判断し、
豊富な選択肢のなかから自分に合うものを選びだして
行動に移す。


そして、その結果には自分自身が責任を持ち、
さまざまなトラブルに直面しながらも
自らの人生を楽しむというものである。      ( P.2 )








平等観


平等とは、
すべてのものを丸くすることでも四角にすることでもない。


それぞれの人がもつ個性や能力を尊重し、
それ相応の対応をすることが平等につながるのである。


四角も丸も、そして三角も、
それぞれの特性があるからこそハーモニーが生まれるのだ。


個々を認めてこそ
真の平等を生むことができ生きた教育になる、
ということを私はスウェーデンで学んだ。        ( P.6 )








学ぶ意欲と学力観


内実のある学力とは何かを、ふと考えさせられる。
誰しも、まず学ぼうという発想力が必要になる。
興味がわくものが対象でないかぎり、やる気も出てこない。


そのためにスウェーデンでは、
学科目を子どもの興味がわくように
五感を取り入れてあらゆる角度からとらえようとしている。


興味がわけば知りたい意欲もわいてくる。
そして、自分から進んで学ぼうとする学習意欲が養われる。


いったん意欲が芽生えれば、
徹底的にテーマ活動などを通して追究させる。


その後、友達同士での発表や報告で
達成感や喜びなどを感じるようにするとともに、
自分の学力を自己評価して自分の学びを振り返ってみる。


真の学習形態とは、こんなところにあるのではないだろうか。


     ( 中略 )


学校とはただ知識を与えるだけではなく、
自分で考え、選択し、自立していけるだけの基礎能力を
与える場であるのではないだろうか。          ( P.74-75 )







スウェーデンのPTA


職員室では、クラスを代表したPTA(「クラスママ」とも呼ぶ)が
コーヒーと手作りのチーズケーキを用意して待っていた。


このクラスママは学校側と保護者との連絡役なのだが、
学校側の運営に参加したい活動家の親を除けば、
ほとんどが保護者会のコーヒーやクッキーを準備するだけの役目である。


クラス替えのない小学校六年間の間に、有志がいない場合には
ほとんど強制的に回ってくる順番制となっており、
もちろん私もクラスママをした経験がある。


父親が代表の時は「クラスパパ」とも呼んでいる。  ( P.131-132 )



        ( 『 スウェーデンののびのび教育 』 河本佳子 / 新評論 )







( 補足 )

北欧の国々では
どの国も同じような教育をしているらしい。

ただし、フィンランドは移民が少ない。



参考までに…。  
・ 「 フィンランド・ショック 」 (



・ 「 スカンジナビア 視察情報ガイド

            ・ 目次は こちら
            
             ( 全79ページ。写真も多数あり。 )

by tanuko-satoyama | 2009-07-27 21:08 | 北欧の教育 と 老子の言葉  

<< 世界のお餅 (2) 「 老子 」の言葉 >>