PTAは日本文化の縮図っぽい。 (1)

PTAの くじ引き は人権侵害である。




根拠

   
(1) 日本のPTAは退会の自由が保障されていない。
   ( 事実上の強制加入。PTAが学校の保護者会を牛耳っているため )
 
(2) その上で、
   くじ引きで活動を強制したり、プライバシーの開示を強制している。
 
(3) また、
   その活動は非常に負担が大きく
   子育てにも支障をきたすほどである。
 
(4) なので
   PTAのくじ引きは憲法の精神(個人の尊重)に反していると思う。

(5) ただし、
   私人間の人権侵害なので
   憲法を適用するのではなくて、
   民法の「公序良俗」違反になるらしい。
                (憲法の間接適用)




まるおの雑記帳 」にも詳しく取り上げられている。
( 判例として「甲賀市自治会裁判 」の判決が使えそう )








解説


PTAのくじ引き


 本部役員、選出委員、各委員会の委員長といった、
 負担の大きい役職をくじ引きで決めること。

 未経験者の中から決めることが多く、
 事情のある人や転入してきた人が、くじに当たりやすい。
 
 どうしても引き受けられない場合は、
 その事情(プライバシー)を開示させられる。
 
 「大した理由じゃないから。」と却下されることもある。

 仮病を使っていないか確認するために
 医師の診断書を提出させるところもある。

 また…、
 病気を理由に断った人が喫茶店でお茶をしていると
 文句や陰口を、言われるらしい。


 「守秘義務を守っている。」って言う人もいるけど。

 そもそも、
 プライバシーの開示を強制すること自体が違法なんだよね…。

 (お医者さんだって、強制している訳ではない)


 それに、
 「どうして? あの人だけずるい!!」と言う人もいて、
 「みんなに説明して、納得してもらってください。」
 となることも多い。


 欠席の場合は
 先生や、保護者の代表がくじを引く。

 ゴタゴタを避けるために
 「あなたは1番のくじに当たりました。
 できない場合は、2-5番の人にお願いしてください。」
 と言って、全部任せることもある。


 委任状に署名捺印させることもある。
 ( あとから文句が出ないようにするため )



( 補足 )

・ 「 PTA問題の論点 」=「 PTA問題の本質 」

     = 「 いじめ的なもの 」

     = 「 活動強制 」&「 プライバシー開示強制 」

  ↓

・ 「 くじ引き 」 = 「 法令違反(人権侵害) 」
                ( 第三者でも立証できる )

・ 「 しつこい勧誘 」 = 「 グレーゾーン 」 
                  ( 立証が難しい )






 


日本のPTA


日本の学校では、
子どもが入学すると
保護者も自動的にPTAに加入する。

そして、
PTAは学校の保護者会を牛耳っている。

つまり、
日本のPTAは学校と一体化している。 (お餅システム)

なので、
退会することが困難である。
( 普通の母親は退会できない )




また、日本では、
全員が活発に活動しているPTAが評価される。

文科省も、そういうPTAを表彰している。   
             → 「 優良PTA表彰

          → 日本人の規範意識。
            ( みんなで一緒に、心を一つに )

なので、
活動をスリム化しにくい。




( 補足 )

最近は
任意加入が知られるようになってきている。

しかし、
システムが変わらなければ
任意加入は「形式だけ」(タテマエ)になる。


・ 「 タテマエとしての任意加入 」

  = 「 退会の自由が保障されない 」

  = 「 事実上の強制加入 」

by tanuko-satoyama | 2009-07-27 22:09 | PTAは日本文化の縮図  

<< 「 お餅理論 」の補足 ( 4 ) PTAは日本文化の縮図っぽい。... >>